FC2ブログ

ターシャありがとう、安らかに・・・

22日付けの朝刊でターシャの訃報を知りました。今月18日に自宅で亡くなられたそうです。
92歳・・・絵本作家。

1ターシャ

ターシャについてはこのブログでも何回か紹介させていただいていました。アメリカ、バーモント州の山中に家を建て(息子さんがターシャの為に1人で!)そこでの庭造りや、温かく豊かな暮らしぶりはあこがれと尊敬と色々なものを私たちに与えてくれました。

NHKの番組でターシャを知り、その生き方やウイットに富んだ言葉の数々に惹かれ、色々な本や写真集を集めては眺め、心地よい空気を感じ、癒されたりと・・・。

2ターシャ

92歳でも可愛い心を持ち、発想の豊かさは見習いたいところです。

ターシャ、どうぞ安らかに・・・今頃大好きな1830年代に戻り、そこでも綺麗な花を咲かせているのでしょうね・・・心からご冥福をお祈りいたします。

最後にターシャが座右の銘だと言っていたジョージ・バーナード・ショーの言葉を書いておこうと思います。

「人は自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら創り出す人である」





いつも応援してくれてありがとうございます。

にほんブログ村 イラストブログへ

ランキング

Comments 4

chie

>メグさん

ほんと、さみしいですね(';')
テレビや雑誌等などでしか知らない方でしたが、とても惹かれました。
あの可愛いお家・・・たぶん息子さん一家が住むのでは・・・なんて勝手に想像しています(:_;)。

2008-06-26 (Thu) 08:13 | EDIT | REPLY |   

メグ

優しい優しいターシャのイラスト。
万人の目にターシャはこう映っていたのでしょうね。
ターシャの事は何にも知らず、先生のブログで知っただけ。
でもなんだか寂しいです。今後はターシャの愛した庭はどなたが管理されるんだろう。そんな事を思いました。

2008-06-25 (Wed) 23:52 | EDIT | REPLY |   

chie

>KIRARIさん

そうでしたね、ターシャのことを書いたときKIRARIさんがコメントをくれて、私もとても嬉うかったです。同じようにターシャに魅力を感じた人とこうして知り合ったりできて(*^_^*)。これからもターシャのあの心の柔らかさをお手本にしたいです。イラストも気に入ってもらえて嬉しいです。これからもよろしくお願いいたしますね。

2008-06-23 (Mon) 23:04 | EDIT | REPLY |   

KIRARI

千江先生、こんばんは。

私がこちらのサイトを偶然見つけて以来、イラストがとても素敵で、
時々訪問はさせていただいていたのですが、なかなかコメントを入れる
勇気がなくて、毎回眺めているだけでした。

でも、ずっと “誰かとターシャのことを語りあいたいな・・・” と思っていたある日、
千江先生のブログにターシャのことが紹介されていて、すごく嬉しくて、
勇気を持ってコメントをさせていただいたんですよね。
そして、今こうして、千江先生と会話させていただけているのも、
ターシャのお陰だと、私は感謝しています。

とても寂しい思いはありますが、ターシャのくれたたくさんの言葉を噛み締めて、
前向きに生きていきたいと思います。

〈PS〉 とても優しく描かれているターシャのイラストが心に沁みました。

2008-06-23 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply